開発・マーケティング部門には事例を共有すべし

法人営業を行ううえで、顧客だけでなく、社内の人間関係を良好に保つと仕事がやりやすくなります。
顧客から無茶な要求を受け対応せざるを得ない場合、社内に味方がいるとスピード感をもって
物事を進められます。
社内の人間関係を構築するうえで有効なのが、他部門の方が欲しがっている情報を的確に提供することです。特に開発部門やマーケティング部門が欲しがるのが実際の顧客の製品使用事例です。開発・マーケティング部門は基本的に社内で業務を行うことが多いため、社外にいる顧客の情報がほとんど入ってきません。そのため製品開発やマーケティングのプロモーションプランは、担当者の机上で練られている場合が多いです。
しかし、開発・マーケティングも独りよがりな製品を開発しプロモーションしたいわけではないため、自分たちの計画が現実に即しているか、あるいは、想定外の事態が起こっているのか知りたがります。それを端的に知ることができるのが顧客の使用事例です。会社に情報提供の仕組みがない場合でも立ち話でしれっと開発・マーケティング部門に話してみましょう。きっと重宝がられ、良い関係をキープするのに役立ちます。