小さなお店でもマーケティングは必要です

いまの企業の多くは、マーケティングを重要視しています。

ひと昔前であれば、いい商品やサービスを提供すれば、お客様が(たぶん)購入してくれるだろうと思っていましたが、それがまかり通った時代は、とっくの昔に終わっています。



『マーケティングとは何だろう?』

マーケティングとは、お客様が商品やサービスの購入を考え、購入するまでの過程を理論的に導きだした考えです。

企業は強引に売ろうとするのではなく、(お客様の視点)に立って考えることがマーケティングの基本です。



『お客様の視点がなぜ必要なのか?』

いまの時代は、物やサービスが売れにくい時代です。

強引に売ろうとすればするほど、お客様は逃げて行ってしまいます。

そのため、商品やサービスを売るには、お客様を理解する必要があるのです。

お客様が買いたいと思う、仕組み作りが重要になります。



商品・サービスを販売するには、マーケティングは無視できません。

大企業だけでなく、小さな個人商店でも、その考えは必要です。







コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *