企業が行うマーケティングの目的

マーケティングは製品開発からイメージ、ブランド戦略、広告販売まで企業内の各部門が関係する経営に直結したプロセスです。さらにマーケティングはマネジメント、企業活動そのものであり、企業のトップがビジョン決定してゴール達成のため各部門が知識、経験集結させて戦略を立て実行してかなくてhならないプロレスとなります。マーケティングの理想は販売ふょうにすることとドラッガーが言ってますが、販売しなくても顧客の要望把握して自然に売れる仕組みを作るといったことがマーケティングの最終的理想なのです。販売不要とな理えば、営業コスト減って利益増えて、顧客にとても営業されて買うのではなくて望むものを買うのですから双方有益なのです。この理想かなえるためマーケティングを長期にとらえるのが大事です。企業が目指すのは何か、何を顧客に届けようとしてるのか明確化して、すべての企業活動送受していくのです。そして、これが企業が必要なマーケティングなのです。